フォレスターの自動車保険料はどのぐらい?型式・等級別に比較!

フォレスター(スバル)

(画像の出典:スバル公式

よくできたSUVと評判のスバル『フォレスター』。
ここでは、フォレスターのガソリン車・ハイブリッド車に関する自動車保険を徹底解説!

フォレスターの自動車保険

今の年間保険料が高いのかどうかの参考にしてください。

『フォレスター』の保険料を見積りしてみると・・・

※「ソニー損保」「イーデザイン損保」「アクサダイレクト」「三井ダイレクト損保」の大手4社より概算保険料を独自算出

想定条件:現行モデルの新車

  • 使用目的:日常・レジャー使用
  • 走行距離(予定):年9,000km以下
  • 運転免許証の色:ブルー
  • 本人・配偶者限定
  • 30歳以上補償(32歳の無事故)
  • 対人・対物:無制限
  • 人身傷害:3,000万円(乗車中のみ)
  • 搭乗者傷害:なし
  • 弁護士特約(自動車事故専用)

型式SK9

車両保険:一般型(保険金額315万 免責0-10)

10等級 60,870 円
12等級 57,580 円
20等級 41,090 円

型式SKE(ハイブリッド)

車両保険:一般型(保険金額340万 免責0-10)

10等級 77,010 円
12等級 72,840 円
20等級 51,950 円

 

【2020年版】フォレスター所有者の自動車保険クチコミ

50歳男性

料率クラスが優秀!
2020年でも「対人6 対物5 傷害7 車両7」(17段階)なので、車体の大きい&価格帯も300万円オーバーのSUVにしては低い方ですね。
料率クラスは保険料の重要な目安ですので、安全運転している人が多いということになります。

28歳男性

保険料は安い方だと思います
20代で思いきって購入したので、自動車保険は節約したく、ネット損保に。
6等級&車両保険フルカバーでも、8万円以内でおさまっています。

40歳女性

40代になったらグッと保険料が安くなった
自動車保険って若いと高いので、こんなに違うのか!っていう感じですね。
フォレスターは女性でも運転しやすく、無事故&無違反&ネット自動車保険を継続していることも安い要因かな!