弁護士特約の必要性、もらい事故など相手が100%悪い場合に威力を発揮!

弁護士特約の必要性

「自動車保険の弁護士特約って必要?」

保険料や補償内容の見直しを考えたときに、特約のところで目にするこの弁護士特約(弁護士費用特約)。
自動車保険加入者の約70%が入っていると言われていますが、イマイチどんな場面で役に立つのか必要性に疑問がある方も多いですよね。

そこで、ここでは、基本知識を確認しながら弁護士特約の必要性やメリットをサクッと解説していきます。
すでに弁護士特約を付けている方は再確認の意味で、今はまだつけていない方はこれからどうするかを判断する材料になればうれしいです。

【おさらい】弁護士特約とは?

もらい追突事故
おもに一方的に追突されたもらい事故など、あなたに過失がなく、相手に過失がある場合に交渉を弁護士に依頼でき、その費用に応じた保険金を支払ってくれる特約のことです。

※あなたに過失がある場合(あなた(被害者):加害者=1:9や2:8)でも使うことができますが、一般的には「もらい事故」のケースがほとんどです。

 

自分に過失がない(悪くない)場合は、保険会社が間に入って示談交渉をできない決まりになっているため、相手との交渉を代行する専門家に依頼する費用を負担してくれる特約ということですね。

弁護士等へ委任した際の弁護士報酬・訴訟費用

300万円までが限度(1回の事故につき、被保険者1名ごとに)

法律相談費用

10万円までが限度(被保険者 1名ごとに)

弁護士費用特約には、自動車事故のみが対象のものと、自動車事故だけでなく日常生活全般の事故まで補償してくれるもの、2種類があります。

『自動車事故弁護士費用特約』の特徴

※自動車に関する事故のみが対象
主に下記の場合に使えます。

  • 信号待ちで停車中に追突されてケガをしたり、車が損傷したりした
  • 道を歩いている時に自動車にはねられた
  • 自転車で横断歩道を渡っているときに自動車に衝突された

なんと自動車に関する事故には、歩行中も含まれます。
自分に過失がなければ自動車を運転していないときでも弁護士特約の対象です。

あっ、信号無視して横断歩道渡っていたなんてのはダメですよ(自分に過失あり)。

『弁護士費用特約』の特徴

※自動車に関する事故+日常生活全般の事故が対象
(日常生活が対象になる保険会社は少ない)

  • 自転車で相手に激突され、ケガをした
  • 散歩中の他人のペットにかまれた
  • 酔っ払いに絡まれ、ケガをした

などなど、ご自身に過失がなければ日常のトラブル全般で使えます。

弁護士特約の良いところ

  • 等級が下がらない

弁護士特約のみを何度使っても翌年の等級には影響しません(ノーカウント事故)。

  • 保険料が安い

具体的な金額は契約者や保険会社によって変わりますが、年間1,000~3,000円以内でつけることができます。安心料としてつけておくことができる安さが魅力ですね

  • ご自身の所有車以外にも、友人の車・タクシー・バス・原付・バイクでも対象

(保険会社によって異なる場合あり)

  • 契約者だけでなく、家族も補償の対象

配偶者、同居の親族、別居の未婚の子どもでも同じ補償が受けられます

  • 弁護士は紹介してもらえます

自分で探してもいいですし、保険会社が紹介してくれます。普通は知り合いに弁護士さんはいませんからね。

弁護士特約のおすすめできないところ

ないです。
メリット(良いところ)のほうが圧倒的に多い特約なので、付けておいた方が良いです。
人間関係が絡む事故は予想以上にこじれることがあるため、保険料を払う価値は間違いなくあります。

 

【まとめ】弁護士特約を付けたほうがいい人

相手との示談交渉や損害賠償請求などをすべて自分でしたくない方

相手がまともな思考を持った人間とは限りませんので、余計な手間やストレスをできるだけ減らしたい場合は、この特約をつけておくと費用負担をそれほど気にせず、弁護士に依頼できます。

※【要注意】相手と普通に話し合えばいいんじゃ?と思っている方へ

世の中には、あなたの想像をはるかに超えるほどコミュニケーションが取れない相手がいます。簡単に言うと、頭がおかしい人間です。

そもそも、あなたの車に突っ込んでくるような事故を起こすヤツは、「自分はまったく悪くない。おまえが悪いんじゃ」のように最初からケンカ腰でくることもありますので、会話が成り立ちません。

また、これは決して職業差別ではありませんが、下記のようなバラエティに富んだ方々が相手の場合もあります。

弁護士特約が必須なことがわかりますよね(^^)/

  • 飲酒運転
  • 違法な薬物ジャンキー
  • 反社会的勢力
  • イキった未成年~20代前半の男
  • 運転が下手なのにデカいミニバンを運転している女性
  • キャバ嬢(クセの強い方が多い)
  • 認知に難のある高齢者
  • 霊柩車
  • 議員(国会・地方問わず。クセのある方が多い)
  • 無保険車(任意保険だけでなく、なんと自賠責も!)
  • 車検を通してない車
  • 自分は絶対に悪くないマン


決して特定の職業等を悪く言いたいわけではありません。あくまで一般的な傾向です。

信号待ちで後ろから車がきたときに、「やたら近づいて停めるなあ」と気になる方

頻繁に後続車との車間や後ろの状況が気になったり、時々「信号待ちで後ろの車が停まってくれる保証なんてないよね、やっぱり車ってリスク高い」とか考えたりする方は絶対に特約を付けておいた方が良いです。

もめ事が大嫌い

お気持ちわかります。
日本人のほとんどは争いが嫌いです。専門家の力を借りましょう。
交通事故は予想外にもめて何カ月も解決しないことも珍しくありません。

  • 保険会社の提示してきた金額に納得できない
  • 過失の有無、割合で相手ともめ続けている
  • 相手が賠償請求に応じない


これらのことはよくあることですので、慣れたプロに頼む方が早いです。